美容外科とは、人体の機能上の欠損や矯正よりも、美意識による見た目の改善を目指す臨床医学のことです。
美容外科は外科学の一分野で、独立した標榜科目(病院や診療所が外部に広告できる診療科名)です。 日本経済の成長や医療市場の拡大により注目が集まっているのがこの美容外科です。 美容外科は形成外科の一分野とも考えられるようになったため、そのように表記する専門病院も多いです。 総合病院において美容外科がある場合、形成外科内に併設されることもしばしばあります。 美容外科は大学病院などで扱われることが少なく、開業医によって技術向上がなされてきた側面があります。

美容外科は整容外科、美容整形外科、形成美容外科などさまざまな呼称があります。
「整形」という言葉から美容外科と整形外科はよく混同されがちですが、両者はまったくちがうものです。 美容外科は病気の治療ではないので健康保険は適用されず、全額自己負担になることがほとんどです。 日本においては美容外科手術を行ったことについて恥という感覚を持つ人も多いのが現状です。 美容外科手術を受けた人の名誉やプライバシーの保護などが日本では必要だと考えられます。 日本では成り立ちの違いから「日本美容整形外科学会」という同一名称の学会がふたつあります。