なぜ大きくなるのか考える

胸を大きくしたいと悩んでいる貴女、やはりメリハリボディは女性の武器ですよね。

そうはいっても努力でウエストは引き締めることができますが、胸を大きくしたいというのは難しいもの。

ダイエットするとバストまで小さくなってしまったりして…。

そもそもバストの大きな女性はなぜ大きくなったのでしょう。

体質?遺伝?あきらめてはいけません。

バストアップも努力次第で可能です。

女性のバストがふくよかになる理由は、乳房の中には脂肪の他に乳腺があり、子供を育てるのに必要な栄養を乳として分泌します。

胸の大きな女性はこの乳腺が発達し、それにともない脂肪が包み込むようになっているので大きくなります。

この乳腺はエストロゲンによって増殖し、プロゲストロンによって発達します。

エストロゲンとは女性ホルモンのこと。

まずは女性ホルモンを増やすことを考えてみましょう。

胸を大きくしたいと願う女性はバストがAカップの女性に多く、逆にDカップ以上の女性は胸が大きすぎることがコンプレックスになっている場合も少なくありません。

「他人の芝はよく見える」ということなのでしょうか?まぁ「ほどよく大きい」というのが理想なのでしょう。

理想はB~Cカップという女性が圧倒的に多いようです。

胸を大きくしたいと悩んでいる方は、思い切ってその悩みを胸が大きい人に打ち明けてみてはいかがでしょう。

できればDカップ以上の巨乳の女性。

きっと胸が大きいことでの相手の悩みを聞くことができるでしょう。

肩が凝るとか、汗もがひどいとか、男性の視線が嫌だとか。

「ああ、私は小さすぎるかもしれないけど、大きすぎるよりよかったかも」とポジティブになれるかもしれませんよ。